文教大学

文教大学講義第7回の配信を終える 1 julio 2020

今回はロック編。いやーたったの3名なんて・・・やはり選びきれるものではありませんね(^^;)迷いに迷った挙げ句にジョン・ボーナムジェフ・ポーカロコージー・パウエルとさせて頂きました(^^;)学生がどんな感想を持つのか興味津々です。 こちらは配信が始ま…

文教大学講義第6回の配信を終える 24 junio 2020

今回から4回にわたってジャンル別に代表的なドラマーを紹介させて頂きます。あまり長くなるのもまずいので各回三名ずつ限定です。今回はジャズ編。いやーたったの3名なんて・・・選びきれるものではありませんね(^^;)迷いに迷った挙げ句にエルビン・ジョー…

文教大学講義第5回の配信を終える 17 junio 2020

第5回の配信が終わりました(^^)今回からドラム、ドラマー関係について、歴史を扱います。 そして第4回分のレポートをすべて拝読させて頂きました。大学の講義全般、いよいよ佳境に入り学生のみなさん若干息切れ気味でしょうか!?相変わらず充実のまとめノ…

文教大学講義第4回の配信を終える 10 junio 2020

第4回の配信が終わり、しかし本日、配信前には学生からの今回に対しての質問が飛んできたり、第5回配信用の音声資料に修正を加え、そして第3回の課題である「まとめノート」という名のレポート150名分に目を通し、小テストの採点をし、そしてこれから…

文教大学講義第3回の配信を終える 5 junio 2020

ここまででひとまず提出期限を過ぎた第1回、2回分、提出された小テストの回答とノートまとめレポートをすべて見てみる事にしました。いやーホントに殆どみんな完璧過ぎ!ノートが実によくまとまっています。 オンデマンド配信での講義は初めてですが、やっ…

文教大学講義第2回の配信を終える 28 mayo 2020

配信の前日に前回分のまとめノート提出と小テストへの回答が締め切り。結局、まとめノート(レポート)で履修生150名中133名様よりご提出頂きました。まあこんなもんですかね(^^;) 配信音声を作成するに当たってタイムラグの発生具合がなかなかに微妙です。…

文教大学講義第1回の配信を終える 21 mayo 2020

「ドラムセットとは~楽器の構造、歴史、繰り出されるリズムの構造について~」と、いつもの即興演奏からタイトルを変えての今期。オンラインのオンデマンドでお送りさせて頂きました。システムを利用するのが初めてなので、当日仕掛け通りに滞りなく動くの…

文教大学でのオンライン講義 2 mayo 2020

教育支援課とやり取りと重ねつつ、本日ようやくにして講義の組み立てにすっきりと見通しが立ちました。 「ドラムセットとは~楽器の構造、歴史、繰り出されるリズムの構造について~」と銘打ちまして濃ゆーくやらせて頂きます。 回数は全15回となるべき事…

拝見宜しくお願いします 29 enero 2020

文教大学、学生から届く課題レポート。今回の新傾向として「拝見宜しくお願いします」と、メールに添えられているものが複数届きました。あなたのレポートをこちらが拝み奉る事を強要されるおかしさよ。爆笑ものですが、複数だったので・・・未来を案じ暗い…

文教大学筆記試験前の総おさらい 19 dic. 2019

この講義は即興演奏が出来るようになる事が目的ですが、あわせて是非とも覚えて頂きたい一般教養を多々含んでいます。一つはコードを見て伴奏付けが出来る様になる事。歌詞にコードとかメロディーにコードという気軽な楽譜を見て伴奏しながら歌う事が出来た…

文教大学即興実技試験(二週目) 12 dic. 2019

実技試験二週目、順調に終了しました。アルトサックスの子がブルーノート等のスケールを駆使して良い感じでした。来期は講義でやったスケールのうちの最低一つは演奏に採り入れる事、コード進行を組み立てる事、とか若干、演奏スタイルに枠をはめてみましょ…

文教大学第11回「音楽を生み出す身体動作の実際」 28 nov. 2019

久々の成田ライブ。 わざわざ茂原からお越し下さったJさん♪災害復旧時にはお見舞い頂きましたが、今度はライブにまで。ご実家が成田であったとは存じ上げませんでした。飛び入りもありがとうございました\(^o^)/ そしてこれまた遠方より・・・なんと文京区…

文教大学 第10回「鍵盤楽器奏法の基礎」 21 nov. 2019

今回は純粋に、鍵盤楽器を弾く時の「合理的な運動」についての考察とトレーニング。身体をメカとして捉え、いかに合理的に動作させるかという事に焦点を当てて解説、そして実習。 スケール弾きのための指遣いとして3-2-1などの指運びの様を見せながら机間を…

文教大学第9回「打楽器演奏の基礎」 14 nov. 2019

今回から3回に渡り演奏技術についての講義となります。ここでは純粋に楽器を演奏するために必要となる肉体のコントロール術について学びます。 まずは身体の発する力がどのようにして楽器に伝わるのかを理解する。ちからの伝わったところが順々に盛り上がり…

文教大学 第8回「主和音と属和音、シンコペーションについて」 7 nov. 2019

(復旧12日目 ~2019.10.25茂原豪雨災害の記録~) 音程とリズムにおける不安定と安定の循環を体感する今回。バッハ平均律第一巻第一番のプレリュードは、和声進行について説明するのに良い教材だと思います。まさにお手本。これを弾きながら同時に、進行…

文教大学 第7回「リズムについて」 31 oct. 2019

(復旧5日目 ~2019.10.25茂原豪雨災害の記録~) 本来であればドラムセットを持っていく今回、被災して楽器をうまく取り出す事が出来ずどうしようかと思案しました。せっかくの被災なのではじめの20分間ほどはサバイバル学習教室とさせて頂きました。内…

文教大学 第5回「音階について」 17 oct 2019

今回より3回にわたって音楽理論が続きます。長音階、短音階(自然短音階、和声短音階 、旋律短音階上行形下行形)、ペンタトニックスケール (メジャーペンタトニックスケール、マイナーペンタトニックスケール)、ブルーノートスケール、オルタードスケー…

文教大学 第4回「日本人が持つ音感覚・リズム感覚について」 10 oct. 2019

いつも使っている講義室、資料を映すプロジェクターが故障したとの事で今回急遽部屋が変わる。99名収容の小さな部屋。これは結構良いではありませんか。今期はたまたまバランス良く人数99名以下にそれぞれのクラスが収まっているので、この教室の方が今の状…

文教大学 第3回「アフリカのリズムとその世界的伝播について」3 oct. 2019

自分の専門領域でもあり、伝えたい事がありすぎる今回。今回はアフリカと新大陸の関係にとどまる事なく、スペインとモロッコの関係のあたりについても触れる事が出来ました\(^o^)/やはりポリリズムとか一緒に叩いたのが一番反応良かったかも。6/8拍子と4/3…

文教大学 第2回「ヨーロッパのハーモニーとその世界的伝播について」 25 sept. 2019

3限4限の履修者数が決まり、74名と62名、ちょうどよい人数で心地よいです。インドやレバノンのPVに合わせて踊りまくっている男子、女子がいて楽しい。今回も講義終了後に質問が多く、休憩時間トイレに行けなくなりそうです(^-^; ---------------------…

文教大学第1回「即興演奏とは」 17 sept. 2019

帰国も早々に毎日慌ただしく動いています。大学の講義も始まりました。今期は2コマ担当。どちらのクラスも非常に熱心な学生がいて嬉しい限り。質問とか、あると嬉しいですよね。人数は今期2クラスがバランス良く揃っています。来年1月までどのように動い…

文教大学春期終了 25 julio 2019

本日筆記試験、これにて講義は全日程終了となりました。終わってみればあっという間です。試験終了後何名かの生徒が教卓のまわりに集まってくる。いやー、お名残惜しい(>_<)こうしてコミュニケーション取れるようになって仲良しになるとお別れなんですよね。…

文教大学講義のおさらい 17 julio 2019

実技実習が予定通り一コマ余りましたので、本日は今までのおさらいに当てました。 今回の講義は素敵な即興演奏を実現するために 1.「音楽に絡んだ世界・日本の地理文化歴史」a.ヨーロッパの和声をキーワードに世界の音楽事情を探るb.アフリカのリズムをキ…

文教大学実技試験第3回 11 julio 2019

予備日一回を残してなんとか無事終了致しました\(^O^)/あとは来週、内容の総おさらいをして再来週に筆記試験。気を引き締めていきましょう! 使用楽器ですが次回以降フィンガードラム出来るヤツを混ぜても良いかなーと思ってます。AKAIのMPK Mini Playとか…

文教大学実技試験第2回 5 julio 2019

今回はエレキギターやエレキベースの持込がやたらと多いです。それはそれで、その楽器を友として音楽に親しんでいる学生が実力を発揮出来るならば良い事だと思います。2014年の講師就任以来、過去に面白いパフォーマンスは幾度とあったけれど、今期は演奏を…

文教大学実技試験第1回 27 junio 2019

ついに今期も始まりました。今期のクラス、実技のレベルが高い。アドリブにブルーノートスケールからドリアンモードっぽいところ、コードの進行も様々と、講義の内容を全部入れみたいな演奏をする子もいました。うたごころを伴うプレイも多かった。アンサン…

文教大学第11回「音楽を生み出す身体動作の実際」 19 junio 2019

本日は講義の本題はもちろんですが、しかし試験を兼ねた即興実技実習についての希望取りがメイン。昨年春期の218名に比べれば今期141名は相当に楽ちんです。色々と立て込んでいて今週中は統計が取れないので、どんな希望が出ているのかはまだよくわか…

文教大学第10回「鍵盤楽器演奏の基礎」 13 junio 2019

今期この回の講義は実習、というよりかなり懇切丁寧に演奏に必要な運動のメカニズムについて語らせて頂きました。合理性を追求すれば自然と、その形はとある一点に帰結しますよね。そんなあたりを。 演奏技術のノウハウについての講義ではありましたが、まず…

文教大学第9回「打楽器演奏の基礎」 5 junio 2019

今回からの3回は演奏技術についての講義となります。ここでは純粋に楽器を演奏するために必要となる肉体のコントロール術について学びます。 まずは身体の発する力がどのようにして楽器に伝わるのかを理解する。ちからは波として伝わるわけですから身体動作…

文教大学 第7回「リズムについて」 31 mayo 2019

ドラムセットを持ち込んでの講義。色々と考えてはみましたがオフビートの感覚を是非楽器と共に味わって頂きたく、8ビートとか演奏技術の方ではなく理論を扱うこちらの回において実施してしまいました。他にも裏打ちをハンドクラップで試してみたり、その裏…